Derivとは

Derivhome
オフィス Malaysia, Malta, Paraguay, United Arab Emirates
設立 2020
最低入金額 $5
最大レバレッジ 1000
規制当局 MFSA, VFSC, LFSA, BFSC
※公式HPはすべて英語です
概要

☑Derivの前身は、業界で最も古いバイナリブローカーの1つであるBinary.comです (20年近くの経験を持つ会社)
☑最小入金額が$5からなのと高いレバレッジが魅力
☑資金はすべて分離され、安全で認可された金融機関に保管されます
☑入出金は完全無料です
☑Derivサポートチームは24時間年中無休でご利用いただけます
☑トレードスタイルに合わせて選べる多様なプラットフォーム: MT5/DTrader/DBot/SmartTrader

オフィス マレーシア、マルタ、パラグアイ、
アラブ首長国連邦
設立 2020年
規制当局 MFSA、VFSC、LFSA、BFSC
プラットフォーム MT5、DTrader、DBot、SmartTrader
取扱銘柄 100以上の銘柄(外国為替、商品、株式、および合成指数)
デモ口座 あり
最低入金額 5ドル
最大レバレッジ 1:1000
ゼロカットシステム あり
入出金方法 クレジット/デビットカード仮想通貨、USDT,
STICKPAY、PERFECTMONEY
顧客サポート 土日も24時間年中無休で対応

2021年6月から入出金にクレジット/デビットカードが使えなくなりました。
実質使えるのはビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨での入出金になります。

Deriv(デリブ)とは?

Derivと聞くと金融に詳しい方ならderivative(デリバティブ)いわゆる金融派生商品を思い浮かべると思います。
金融派生商品とは株式・債券・金利・外国為替などの金融商品から派生して生まれた金融商品。
価格変動によるリスクを避けるために開発。
先物取引・オプション取引・スワップ取引が代表的である。

日本でも知られたバイナリーオプション最古参の Binari.comから2020年に Deriv.comにリニューアル。
世界中10か所にオフィスを構える急成長企業です。

Deriv.comは、外国為替オプション、CFDスプレッド、バイナリーオプションなど、さまざまな金融商品の取引を提供しています。 MT5取引プラットフォームの統合により、プラットフォームの柔軟性とユーザーエクスペリエンスが向上。
MT5により、個々のトレーダーが特定の取引設定に従ってMT4以上にプラットフォームを柔軟にカスタマイズできます。

Derivは、最新のMT5(DerivのMT5ということでDMT5と呼びます)取引プラットフォームに加えて
DTraderという名前のWebベースの取引プラットフォーム
DBotと呼ばれる自動取引システム
およびユーザーエクスペリエンスを強化するための社内ツール
SmartTraderも提供しています。

Deriv.comは、テクニカル分析に基づいて取引を行うことを好むトレーダーと、EA(自動取引ロボット)を使用するトレーダー双方にマッチしています。

バイナリーオプションに精通している方なら、情報に基づいてよく計算された取引を行うために提供されるツールの深遠さにはとても新鮮に感じて驚くことでしょう。
Derivは、一般的なバイナリブローカーの一歩先を行っています。

EU地域のトレーダーのために、彼らの金融サービスは、マルタで登録され、マルタ金融サービス局によってカテゴリー3投資サービスプロバイダーとして監視されているエンティティであるBinary Investments(Europe)Ltdによって提供されています。
バイナリーオプションはEU諸国では合法ではないため、CFDとレバレッジスポット外国為替商品のみがEUトレーダーに提供されます。

EU以外では、バイナリーオプションは
セントビンセントおよびグレナディーン諸島に拠点を置くBinary(SVG)LLC
バヌアツに拠点を置くBinary(V)Ltd
(Vanuatu Financial Services Commissionによって認可されている)、Binary(BVI)Ltd,
英領バージン諸島(英領バージン諸島金融サービス委員会によって認可されている)にあり、マレーシアのラブアンに拠点を置き、ラブアン金融サービス機構によって認可されているBinary(FX)Ltdを通じて提供されています。

Derivは、米国、カナダ、香港からのトレーダー、または18歳未満の人を受け入れていません。

Deriv(デリブ)沿革

Derivの前身のRegent Marketsが誕生したのが1999年。
2000年にはマルタ島に最初のオフィスを設立。
翌2001年にはBetOnMarkets.comと改名し、バイナリーオプショントレードの扱いをスタート。
2004年に2番目のオフィスをマレーシアのシリコンバレーと呼ばれる Cyberjayaに設立2013年にBetOnMarketsからBinari.comにリブランド。
2015年にマルタでライセンスを取得しEUでの取引が可能に。
2016年にBinary Bot ,MT5でのCFD取引、webtraderやモバイルでトレード可能なappなどのプラットフォームを開発し様々なトレードのスタイルを可能にし、支持を拡大、急速に広まり始めたようです。
2019年にはドバイとパラグアイにオフィスを設立。

20周年にあたる2020年にDeriv.comとしてリニューアル。
日本ではまだほとんど知られていませんが、世界中でDerivプレイヤーが増殖。
マレーシアでの活動を活かし、急速な成長と共にイポーやマラッカにもオフィスを設立
また、キプロスやルワンダにもオフィスを設立。
最初にDeriv銘柄を知ったのは2020年。
Vix75のトレードシグナルがtelegramチャンネルで頻繁に目にするようになりました。
BITCOINが急騰を繰り返していた2020年にBITCOINのシグナルよりも目についた
Vix75はとんでもないボラティリティがあり、さっそくデモ口座を開設しました。
私が感じていることは、特にアフリカでの成長が目覚ましいようです。
アフリカでの人気。
その理由として考えられるのは、スマートフォンでの取引が容易。
入金が銀行送金ではなくても(つまり銀行口座を持っていなくても)暗号通貨での入金が可能。
また最低5ドル程度から取引もできるため一攫千金を狙うアフリカの若者から特に人気があるようです。
新しいモノには慎重な日本人でも2021年後半、2022年にはバズリ、人気が爆発すると予想しています。
※この文章は公式ホームページから抜粋、個人の感想を加え要約しました

Derivアカウント

Derivアカウントでは外国為替ペア、株価指数、コモディティ、また暗号通貨ペアの取引などが行えますが、Deriv独自の銘柄synthetic indices(合成指数)のアカウントを作ることをおすすめします。

以下は、取引可能な市場のほんの一部のリストです。

外国為替 メジャー、マイナー、エキゾチックを含む48のFX通貨ペア AUD / JPY、AUD / USD、GBP / CHF、USD / NOK、AUD / SGD、
CHF / JPYなど
株価指数 米国、アジア、ヨーロッパの最大の株価指数 ドイツ指数、米国指数、米国技術指数、オーストラリア指数、英国指数など
コモディティ 金や銀などの貴金属に加えて、石油などのエネルギー 金/米ドル、パラジウム/米ドル、銀/米ドル、石油/米ドル、プラチナ/米ドルなど
暗号通貨 BTC/米ドル、ETH/米ドル、LTC/米ドルなど
合成指数 安全なランダムジェネレーターに基づいて、実際の市場の状況を複製し、24時間年中無休で利用可能で一貫したボラティリティを提供します ボラティリティ10(1s)インデックス
ブーム1000インデックス、ステップインデックス
レンジブレイク100インデックス、レンジブレイク200インデックスなど

Derivには3つのライブアカウントタイプ(いわゆるリアル口座)があります。各アカウントは、バイナリからCFDまで、さまざまな種類の取引を提供します。

  • 金融口座(標準)
  • 金融STPアカウント
  • synthetic indicesアカウント

金融口座(標準)は、新規および経験豊富なトレーダーに高レバレッジでトレード商品、cryptocurrencies、主要、およびマイナー通貨ペアの機能を提供しています。このアカウントでは、トレーダーは高いレバレッジと変動するスプレッドを持ち、最大限の柔軟性を発揮します。

金融STPアカウントは、タイトなスプレッドでメジャー、マイナー、およびエキゾチック通貨ペアを取引することができます。これは、トレーダーの取引が市場に直接渡される100%ABookアカウントです。これにより、トレーダーは外国為替流動性プロバイダーに直接アクセスできます。

synthetic indices(合成指数アカウント )24時間年中無休で取引可能です。このアカウントは、独立した第三者によって公平性が監査されており、トレーダーは合成インデックスの差金決済取引(CFD)を行うことができます。

デモアカウント

デモアカウントは、取引プラットフォームのツールと機能に慣れることを目的としています。シミュレートされた取引の成功または失敗は、リアル口座の取引で予想される取り引きの結果とは関係ありません。

この無料のデモは、Derivが提供するあらゆるタイプのプラットフォームで入手でき、簡単にアクセスできます。デモアカウントにはメールのみが必要で、すぐにデモアカウント作成が可能にです。このデモアカウントには、10,000ドル(約110万円)の仮想資金があります。

synthetic indicesは独特な値動きをします。このような値動きを見るのはほとんどの人が初めてのはずです。
普段、FXのトレードはデモ口座は使用しないというひとも、synthetic indicesのトレードに関しては、まずはデモ口座でロット数やMT5の操作、値動きの特徴など把握してからライブ口座へ移行することをおすすめします。
取引プラットフォーム

Derivには、より良い取引体験のために改善された4種類の取引プラットフォームがあります。

DMT5(MT5) メタクォーツ社 MT5のDerivバージョン
使用感は通常のMT5と同じ
DBot カスタマイズ容易なBOTを構築し自動で売買させます
DTrader バイナリーオプション用プラットフォーム
SmartTrader Deriv独自のプラットフォーム
バイナリーオプション

Deriv.comの取引のエキサイティングな機能の1つは、個人の好みやニーズに合わせて、さまざまな取引プラットフォームを使用できることと柔軟性です。これらのプラットフォームについて、以下で簡単に説明します。

  • DMT5

DMT5(MetaTrader 5に基づく)は、近年最も取引されているプラ​​ットフォームの1つです。 MT5は、最大レバレッジが1:1000の70を超える資産を持つサードパーティの取引プラットフォームです。最大ロットシットは30で、このプラットフォームのチャート作成機能
Derivは、革新的な取引タイプへの排他的アクセスにより、プラットフォーム上の新規および経験豊富なトレーダーの両方にMT5エクスペリエンスを優れたレベルにもたらします。スマホでDMT5を使用することができます(iPhoneでもアンドロイドでも可)

  • DBot

DBotは、デジタルオプションの取引を可能にするWebベースの自動取引システムです。コードを記述せずに取引のアイデアを自動化します。トレーダーは、個々の好みに応じて取引ボットをプログラムできます。ブロックメニューの下で、トレーダーは取引に必要なブロックを選択するオプションがあります。

3つの事前構築された戦略、ボットを解き放つための50を超えるアセットがあり、構築コストはゼロです。分析ツール、指標、およびテイクプロフィットやストップロスなどのスマートロジックを使用して、利益を最大化し、損失を制限します。

DBotは使いやすく、非常に便利です。また、実行された各取引でボットがどのように実行されているかを通知するトラッカーもあります。これらの通知はTelegramを介して送信されます。独自のトレーディングロボットをすばやく簡単に構築できます。

  • DTrader

DTraderは、外国為替、商品、合成指数、株価指数のデジタル、マルチプル、ルックバックオプションなど、50を超える金融資産の取引を可能にするWebベースの取引プラットフォームです。この高度な取引プラットフォームは、ディジット、アップ/ダウン、ハイ/ローの3種類の契約を提供します。このプラットフォームのチャート作成機能は高度であり、優れた技術的指標を備えています。お好みに合わせてカスタマイズできます。期間オプションは、1秒から365日/ 1年までの非常に柔軟な実行です。
これは強力なプラットフォームでありながらユーザーフレンドリーで、最低賭け金は$ 0.35で、ペイアウトは200%を超えます。

  • SmartTrader

Deriv.comにより、社内で構築され、その信頼性の高いユーザーエクスペリエンスとトレーディング業務のしやすさの点からも好ましいプラットフォーム。SmartTraderは、デジタルオプションを取引するためのプラットフォームでもあります。利点は、取引を開始するためのより多くの機能とオプションを取得できることです。オーダーマスクは目の前にあり、最高の実行を提供します。

プラットフォームがたくさんあって分かりづらいですが、バイナリーオプションをされないのであれば、DMT5の一択です。
DMT5でsynthetic indicesをトレードする、と覚えておきましょう。