予備知識

日本で最初のDerivの始め方ブログ

TAKA
TAKA
Derivの日本語の情報が全くなかったのでブログを作ってみたよ!
トンビくん
トンビくん
で、Derivでどうやって狩りをするの?
TAKA
TAKA
まぁ、そう慌てるなって。
Derivの獲物はちょっと動きにクセがあるから、しばらくは練習が必要だな。

私がDerivで口座を作成しようとした2020年末、Derivの日本語の情報は検索結果に1件も出てきませんでした。

2021年6月のこの記事執筆時点でもブローカー紹介の海外サイトの自動日本語訳ページが1件だけ表示されている程度です。

Derivサポートとのやりとりもすべて英語になるため、ハードルが高いと感じてしまいますが、普段、XMやGEMFOREXなどの海外ブローカーを使用している方には口座開設もさほど難しくはないでしょう。

口座開設方法は別ページで詳しく解説していきます。

それでは、どんな人にDerivでのトレードが向いているのでしょうか?

おすすめできるひと

  • 海外FX経験者でGOLDやポンドをトレードしている。
  • FX市場が土日は休みなので土日は暇を持て余している。
  • BITCOINのレバレッジ取引をしている。
  • バイナリーオプションの取引をしている。
  • 暗号通貨(仮想通貨)を保有している、取引所の口座をすでに持っている。

おすすめできないひと

  • 海外の口座で取引することに抵抗がある。
  • 暗号通貨(仮想通貨)の購入や取引の経験がない。
  • FXもバイナリーオプションの経験もない。

以下に解説をしていきます。

  • 海外FX経験者でGOLDやポンドをトレードしている。
  • BITCOINのレバレッジ取引をしている。

DerivのSynthetic indices(合成指数)にはポンドやGOLDあるいはそれ以上のボラティリティの高い銘柄があります。
私の経験からするとそのボラティリティはGOLD以上BITCOIN未満といったところです。
1分足のスキャルピングでも充分なボラティリティがあるため、トレードも退屈しません。
また、Synthetic indicesはファンダメンタルズの影響を受けないため、強いファンダ要因によってテクニカルが効かなくなる、という事も少ないです。

  • FX市場が土日は休みなので土日は暇を持て余している。

DerivのSynthetic indicesは24時間土日もトレードできます。
月に1回ほどサーバーのメンテナンスがありますが、それ以外はトレード可能です。

  • バイナリーオプションの取引をしている。

DerivのアカウントにはSynthetic indices取引専用アカウント以外にもバイナリーオプショントレードのアカウントとそれに適した複数のプラットフォームが用意されています。
また、Synthetic indicesの銘柄にも次の値動きを予想しやすい銘柄があります。
Synthetic indices銘柄の取引はFXとバイナリーオプションのハイブリッドのようにも感じます。

  • 暗号通貨(仮想通貨)を保有している、取引所の口座をすでに持っている。

暗号通貨を保有している。または取引所の口座を持っていれば、Derivへの入金は口座作成後すぐにでも可能です。
暗号通貨市場が盛り上がっている昨今は新規口座開設に1週間以上かかったりすることもあるようですので、すでに取引所の口座を持っていれば、銀行から入金後、暗号通貨を購入してDerivの専用入金アカウントに送付すれば数分から数時間でDerivの口座に反映されます。(詳しくは入金方法をお読みください